酢の物にあわせて合わせ酢を変える

酢の物を作る際には合わせ酢を使うことが一般的です。そのまま穀物酢や米酢を使うのではないのです。
合わせ酢といってもいくつか種類があります。
一般的には、酢の物を作る際には三杯酢を使用します。三杯酢とは、酢、砂糖、醤油を混ぜ合わせたものです。砂糖の甘さと醤油のうまみがプラスされています。酢をそのまま使うと酸っぱすぎますが、三杯酢を使うことで甘さが加わり食べやすくなり、醤油のうまみによっておいしさが増します。
土佐酢とは、三杯酢にかつお節を加えたものです。調味料とかつお節を合わせてひと煮たちさせたら、かつお節をこします。かつお節のうまみとコクがプラスされていることが特徴で、酢の物に使うと三杯酢で作ったものとは違った味になります。うまみを増したいときに使うとよいでしょう。
ごま酢は酢、醤油、砂糖、すりごまを混ぜ合わせたもので、さまざまな野菜料理とよく合います。酢の物に使用をするとごまのコクとこってり感が加わります。
合わせ酢といってもいろいろ種類があるので、作りたい味にあわせた酢を選んでください。