米酢でお寿司をつくろう

お酢で料理をする時に、まず思うこととしてどんなものだったら食べてくれるだろうと感じます。それはお酢の場合は、酸っぱいということが苦手と思う人もいるからです。そのことになれると、とてもクセになる味なのですが、慣れるまでに時間がかかってしまうこともありますね。そんな時には、ちょっとづつお酢をつかった料理を作ることによりお酢を好きになることができます。
その時、一般的には米酢が一番使いやすいです。米酢はとても安いので、その点でも助かりますね。スーパーやどこでも販売されているところもとても使いやすい調味料です。
米酢を使ってお寿司を作りましょう。そのお寿司料理についてご紹介します。

・ちらし寿司
ちらし寿司は、パーティなどの時に大皿を使うことにより、とても華やかな一品とることができます。またいろいろな具材を入れることができるので、その点でも綺麗ですね。緑、赤、黄色、茶色等とても美味しそうに見える具材をふんだんに使うことができます。その時、ご飯に少し工夫をしてみましょう。
その一つに、胡麻を入れるのです。胡麻を入れることにより、酸味と香ばしさを感じることができて、とても食べやすくなります。胡麻は、食感もいいのでぜひ入れたい逸品ですね。香りもいいので、お酢の酸味を和らげることができます。子供さんも食べやすいちらし寿司になります。
また、お酢と一緒に使うものとして柚を入れましょう。柚は、そのまま果物を絞ることもできるし季節の関係でない場合は柚だけのポン酢もあります。それらを使うと香りを楽しむことができますね。

・巻き寿司
巻き寿司も食べやすいので、パーティなどで人気です。一般的には、きゅうり、卵、しいたけ、かんぴょう等を入れることが多いです。甘く味付けをしているので、お酢の酸っぱさをそんなに感じません。それは、好きな具材をいれることができるので、韓国風に焼肉などもいれるととても変わった巻き寿司にすることができます。” 826 3 3
LTI003471420 LRI024319272 7011kk 米酢 料理 米酢で美味しく魚を食べよう 13 1 0 “米酢料理というと、一般的に酢の物を思うことがありますね。そのため、野菜で作ることが多く、ヘルシーなイメージがあります。米酢は特に、お酢として酸っぱさがあるのでお酢本来の味を感じることができます。ヘルシーなお酢は、栄養面でも優れています。カロリーが少ないというだけではなく、クエン酸やアミノ酸も豊富に含まれているので毎日の食事で使いたいですね。
その時、体に良いものとして魚があります。魚を食べることも、健康のために意識を高く持つ人が増えてきました。DHAなどが含まれている青魚は特に取りたい食品です。その魚とお酢を美味しく食べることが出来ると、ダブルで健康を期待することができます。ここでは、そんな魚とお酢の料理についてご紹介します。

・土佐酢を作る
土佐酢というのは、通常の米酢で作った三杯酢にかつおぶしを入れることにより作ることができます。これは、つんとしたお酢の風味を少しまろやかにすることができるのです。つんとした味が辛いという人でも、同じお酢料理でも土佐酢であると食べることが出来るという人もいるのです。
その土佐酢は、なんと言ってもかつおのたたきに合わせることにより抜群の美味しさを味わうことができます。そのかつおの風味を土佐酢が、際立たせてくれるのです。しかも、お酢には魚の生臭さを軽減させる作用もあるので、嫌な臭いを感じることなく食べることができます。
かつおのたたきというと、本場の高知等で有名ですが、自宅でも簡単に作ることができるのです。かつおのたたきには、その他にみょうがやにんにく、ネギ等の香味の野菜を加えることにより、その味を引き立たせてくれます。かつおのアミノ酸も栄養価が高いので、その時期にはぜひ作りたい一品ですね。

・二杯酢でさっぱり酢の物
二杯酢は、あまり食べたことがないということもあるかもしれません。それは砂糖が含まれていないので、ちょっとさっぱりしすぎていると思うことも。サッパリが好きな人には最高です。