お酢が苦手な人はどうしたらいいの?

お酢は体にいいとわかっていても、苦手で食べることができないと思うことがありますね。特に小さい子供さんは、お酢の酸っぱい感じが嫌ということがあります。その時、どんな風にしたら食べることができるのでしょうか。
ここでは、お酢を美味しく食べることができるように工夫をした内容についてご紹介します。

・お酢を少なくして作る
酢の物などは、特にお酢の酸味を感じてしまうので苦手意識が強くなります。大人でも酸っぱさが強いと、苦手という人もいます。その酸っぱさになれると、もっと欲しくなるということもありますね。そのため、酸っぱさに少しづつなれさせるといいのです。そのためには、お酢の量を少なめにして食べられるお酢の量だけ入れて作るようにします。ちょっとだけ酸っぱいという感じがいいかもしれませんね。

・砂糖を多くする
子供さんは、甘い味が好きです。そのため、二杯酢等ではなく甘酢にするとバクバク食べることがあります。そのため、甘酢を作るときに食べやすいように砂糖の分量を多くするといいですね。甘酢あんかけなどは、甘さもありちょっと酸っぱさもあるのでとても食べやすいです。

・見た目を華やかにする
お酢で一番作る料理として、ちらし寿司等があります。その時、見た目を綺麗にすると食欲を増進させることができるのです。大皿にいろいろな色のやさいや卵、味付けされた肉や魚等を入れることにより食べたいという気持ちにさせることができます。まず食べたいと思うことが大切なので、その時に見た目はとても重要です。綺麗な色が並んでいると、つい食べたくなるのです。
ちらし寿司だけに関わらず、通常のお寿司でも同じことが言えます。日本のお寿司は、ネタを主流としているので子供からすると、ちょっと味気ないと思うかもしれません。そんな時、カラフルなカリフォルニアロールなどにすると、美味しく食べてくれます。ちょっと目線を変えて、見た目をよくするということもとてもたいせつなことかもしれませんね。